雑貨

子供が自分で洋服を選べるコートハンガー

 

(注)数年前の話です。

子供たちの洋服って、他のお宅はどういう風に片付けしてるのかなって思います。

我が家は小さい頃は、子供用のタンスに入れて片付けをしていました。

タンスの引き出しは、下着スペース、Tシャツやブラウス、ニットなど上衣スペース、スカートやショートパンツなど下衣スペース、靴下やタイツ、スカートの中に履くアンダーパンツ(黒パン)スペースなどに、季節ごと分けて管理していました。

でもこれって、意外と面倒なんです(;'∀')

洗濯した衣類を引き出しの奥にしまっていかないと、いつも手前の同じものを着てしまいます。

でも、奥に衣類を詰めていると、いつの間にかぐちゃぐちゃになったりしてしまいます。

あるだけぎゅうぎゅうに詰め込んでいると、いったい何枚あるのか、どんなものがあったか忘れてしまって、同じような衣類を買い足してめちゃめちゃ靴下が多くなったり、気が付いたらサイズにあう肌着がなかったり。。。なんてことが良くありました。

それに、子供たちが大きくなって、気に入った洋服を着たくて奥から引っ張り出してしまい、ぐちゃぐちゃになった引き出しを片付けるたびに、疲労感が・・・(-"-)

それで、どうにか楽に管理できる方法をと考え、ちょっと早いかと思いましたが、自分たちの部屋のクローゼットで洋服を管理してみようかと提案してみました!

方法は簡単。

クローゼットに洋服をすべてハンガーにかけ、目に見え、手に取りやすくしました。

子供たちは、洗濯物干しから外したハンガーを、そのまま自分たちのクローゼットにかけるだけ。(パンツと靴下類は、クローゼット下に籠を置いてそこに入れています)

お風呂の時は、自分で下着の準備ができます。

朝は、すぐ見えるし手に取れるので自分で着る服を選びます。

私にしても、子供たちの手持ちの洋服が全て見えるので、季節ごとにも補充しなければならないサイズや種類の衣類がすぐにわかります。同じものを買い重ねることもなくなりました。

子供たちの自立心も育め、私も楽(^^♪ そして無駄なく経済的!

この方法で子供たちにクローゼットを管理してもらうようになったときに、とても使いやすいハンガーがあったので、紹介します。

それがこちら!

子供の洋服のサイズのハンガーなのに、クローゼットのバーに引っ掛からず使いやすい!IKEA 〈バーギス〉 子ども用コートハンガー


我が家はおしゃれより機能性重視?なので、西○屋の洋服を御用達です(=゚ω゚)ノ

西○屋さんて、洋服を購入した時、ハンガーがついてきますよね。

あれって、クローゼットのバーの太さより細くできているようなんです。クローゼットのバーにかからないのを無理やりはめ込むと、左右に動かすのも外すのも大変なんです。

かと言って、子供の洋服だと、大人用のハンガーは肩の位置が合わなかったり、使いずらい。

「どこかに使いやすい子供用ハンガーないかしら。」と、探しておりました。

ダイソーで買った子供用ハンガーは、ひっかける部分がクローゼットのバーのサイズより細く、西○屋と同じくらいでした。

それでね、いろいろ探しましたよ。。。

そして見つけたのが、IKEAで販売していた「子供用コートハンガー」です。

こちらはクローゼットのバーに引っ掛かることなくとっても使いやすい!

そしてパステルカラーでかわいらしい!

子供たちも、このハンガーは子供用とちゃんとわかるので、洗濯物を干しているとき、自分たちの洋服を自分たちで干してくれるというおまけまでつきました!

いつまでも子供たちは小さいなんて思っていても、自分たちでやってみてねとお願いしてみれば、親が思っているよりなんでもできるようになっているものですね。

今回は数年前のお話ですが、私が管理しやすいものを選んだつもりが、子供たちも使いやすいモノだったようで、いまだにうまく使っていて、とてもうれしかったので、皆様にもお知らせの、私のいいモノでした。

IKEAで現在も販売中です\(^o^)/

この記事を読んで「参考になった!」という人は
応援クリックお願いします(*^^*)


にほんブログ村 雑貨ブログへ  

よんでほしい記事

G線上のあなたと私 1

みなさんは毎日テレビはどれ程の時間見ますか? 私は帰宅が夜7時くらいで、それ以後家事を行い、テレビを見始めるのは9時過ぎからになります。 見る番組はバラエティーかドラマがもっぱらです。 バラエティーは ...

ヨーグルトメーカー 2

そろそろインフルエンザの季節になりましたね。 小さい子どもさんやご高齢者がいる家庭では健康管理に神経質になられていませんか。 そのようなご家庭に、我が家の使ってよかった情報をお伝えいたします。インフル ...

ソーダストリーム 3

皆さんは毎日の水分補給はどのくらいの量をとられていますか。 1日2.5リットルほどの水分をとることを推奨されている様ですが、実際にはそれほどとれているかなあと思います。 さて、水分って一体何を飲んでい ...

-雑貨
-,

Copyright© 私のいいモノ , 2020 All Rights Reserved.